即日融資

0

多重債務でも融資が可能な金融会社一覧

他社からの借り入れ件数が3件を超えてくると、金融業者側から警戒されて審査が厳しくなってきます。特に低金利の大手の銀行系消費者金融では、審査に通ることは困難となるでしょう。その場合、少し審査が甘いと評判の中小金融会社を利用されることをお奨めします。

借り入れ審査の概要

消費者金融からお金を借りる際には必ず審査があります。審査の内容は、金融業者が融資実行の可否を決定するために行う各種調査を指します。申し込み者の信用状態、資金計画、将来性、資金使途、自営業ならば事業の収益見通し等について調査を行い、融資に伴うリスク等を総合的評価をします。

主な審査は信用情報機関へ問い合わせをして、申し込み者の個人データを調査しますが、氏名、職業、住所、勤務先など記載と誤りがないかチェックされます。勤務先などに虚偽を書いているとその時点で却下されてしまいますので、注意して下さい。

  • 0支払い能力の有無・・・定職に就いており毎月決まった定収がある
  • 0現在の借入状況・・・・金融会社からの借入総額が年収の三分の一以内
  • 0ブラックリスト・・・・信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)に登録されていないか

事故情報(ブラックリスト)

過去5年以内に自己破産等の債務整理をしていると、信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)に掲載されている可能性があります。ブラックの場合、ほぼすべてのキャッシング会社で審査に落とされてしまいます。理由は言うまでもありませんが、借金を返済せずにチャラにした人は貸金業者からしてみれば信用ゼロということです。

そういったブラックリストの人がどうしてもお金を借りようとする場合、貸金業登録をしていない非合法な金融業者をあたるしか手段がないことは承知の通りです。

自己破産審査に通らないクレジットカード

街キンも消費者金融と同様に、中小さまざまな業者が存在します。顧客を勧誘するたえにDMや電話、ネットでの広告など、あらゆる方法で融資を持ちかけてきます。

勧誘に使用する文言ではたいてい「至急お金が必要な方へ」「多重債務者でも借りれます」「即日融資が可能」といった、お金に困った人たちの気を引く文句が並べられています。

そういった文句に、ついつい問い合わせをしてしまう方が後を断ちません。特に総量規制が施行されて以降、借り入れ件数が4件以上のブラックの方への審査が厳しくなったことから、増加しているのが現状です。いくらお金に困ってもこういった悪徳業者には手を出さないほうが無難です。

融資先を選ぶポイント

貸金業者からお金を借りるからには、元金の他に利息を支払わねばなりません。しかも完済するまでには、毎月決められた額の支払い義務が発生することから、月末には〇〇金融への支払いをするという生活習慣が身についてしまいます。そんな借金生活から一刻も早く脱却し、元の規則正しい生活に戻るためには少しでも低い金利でキャッシングをする必要があります。

  • 審査に通る範囲の中で一番低金利で貸してくれる業者
  • 知名度の高い金融会社
  • 即日融資が可能な業者
  • 審査基準が甘いのも魅力の一つ

借入件数が少ない方などは、借入先を苦労して探す手間など必要ないでしょう。大手や準大手の消費者金融など、どこでも即日融資で借りることが可能です。しかし借入件数が4件以上の多重債務者はそう簡単にはいきません。

審査を受ける前に、事前に下調べが必要です。各金融会社ごとに審査基準が異なることから、審査に自信がない方は、出来るだけ審査の甘いキャッシング会社を選ばなければ審査に通りません。

審査が甘くて利息が低いサラ金業者こそが理想の消費者金融です。その上で即日融資や当日融資が可能であれば文句なしです。そういった理想のキャッシングポイントを探す手助けをしていますので、遠慮なく申し込んでみて下さい。

審査に通らない場合の対処

融資の申し込みをしたものの、不幸にも審査で落とされる場合もあります。そういった場合、冷静になってなぜ審査に通らなかったのかを分析することが重要です。一番の愚策が何も分析もせずに、他の消費者金融へ申し込みをしてしまうことです。

貸金業者へ申し込みをすれば、そのことが信用情報機関の個人データに登録蓄積されていきますので、今後の審査にも影響が及んでしまいます。したがって、次に申し込みをする際には万全の準備をして確実に審査に通る方法を模索する必要があります。

一番簡単な方法は、審査基準が甘い業者への鞍替えです。大手カードローンの審査に通らなかったのならば中堅業者へ。中堅業者の審査に通らなかった場合は零細業者へとランクを落とすことで、審査基準が甘くなりますので審査に通る可能性は高くなるはずです。

限度額の変化

消費者金融やカードローンといった貸金業者を利用していると、利用実績にしたがって限度額が増えていきます。当初は最大限度額が10万円だったものが、半年もすると30万円となり、その次には50万円となって最終的には100万円まで限度額が増えていきます。

もちろん融資枠を増額するには本人の承諾が必要ですので、消費者金融会社のほうから「現在の融資枠を広げることが出来ますが、どうされますか?」という問い合わせがあります。 だったら最初から融資枠を広げておけよ!と文句の一つも言いたい人もいると思いますが、殆どの人は断る理由もないので限度額の増額を了承してしまいます。

それほど消費者金融からお金も借りていないのに、なぜ利用限度額が増えるのか疑問に思う方も多いはずです。しかし貸金業差は毎月きちんと返済をしてくれる優良客には一円でも多く貸し付けようとしてきます。

最初は誰も限度額一杯まで借りることはないと鼻をくくっているのですが、借りたい時にまるで自分の銀行口座からお金を引き出す感覚で借りれてしまうことから、ついつい限度額一杯まで借りてしまうようになってしまうのです。消費者金融側もそんな顧客の心理が分かっているからこそ、限度額を広げるよう勧めてくるのです。何しろ10万円の借金と100万円の借金とでは雲泥の差です。

毎月の返済額も大きく違いますし、負担せねばならない金利も大きく変わってきます。金利が高くなってくると、元本が殆ど減らなくなってしまって、毎月の支払いの殆どが利息分に充当することになってしまいます。

つまり、返済期間が長くなってしまって、長期にわたって借金で苦しむことになります。もっとも、毎月利息のみ支払ってくれる顧客ほど、キャッシング会社は儲かることに なるのですが。

0最終更新日 2020/6/7 6:01:16

知って得する金融知識

サイト運営会社

 

サイトマップ